4の大きい種類の食品は女のホルモンが均衡を失うことを招きます
婦人科の専門家は、女性にとって、ホルモンは1種の極めて重要な物質で、体の運営に影響することができますと語っています。ホルモンは均衡を失って、よくある病状は疲労、焦慮、眠れないこと、情緒が不安定で、易怒、食欲不振であることを含みます。        この問題に対応して、専門家の紹介は、よくあったのはカーに不調の原因がたくさんなことがあることをだますように引き起こして、日常の吸収する食品の中で、たくさん恐らく女性ホルモンの分泌のに影響することがあって、そのため飲食が必要とするのが慎重です!と言います。       1、あめ        2007年の1つの研究グループはホルモンのマウスのあめに対する効果を研究する時発見して、果糖とブドウ糖のはあまりに使ってコントロールのホルモンのレベルの遺伝子を閉めることができます。日常の食卓の上での糖分、サイダー、糖分ありの飲み物などの食品の中でこれらの物質の含有量はすべてわりに高くて、そのため吸収する時注意深くできるだけ栄養のラベルを読む方がよくて、多すぎる糖分を吸収することを免れます。      2、アルコール         いくつかは研究し発見して、アルコールはエストロゲンが増加することを招きます。適量に酒を飲んでも恐らく閉経することを招く前に女性のプロゲストゲンのレベルの下落、そのためきっと覚えていて、日常の食品の中でアルコールのを下げて量を吸収します。      3、油揚げの種類の食品         いもの千切りはその他の油揚げの種類の食品、ビスケット、曲が珍しいこと中にとすべてトランス形の脂肪をくわえます。米国の食品と薬物管理局(FDA)は、トランス形の脂肪酸は人体の“不良なコレステロール”を増加することができて、増加して心臓病のリスクを患いますと語っています。同時に、トランス形の脂肪酸はまたホルモンの分泌を減らします。      4、カフェイン          カフェインは一定のホルモンを増加して、特にコルチゾールの分泌、エキサイティングな副腎は分泌することができて、発生はホルモンをたきつけるべきです。あなたがカフェインを吸収する時に、これらのホルモンはあなたの血液の内で18時間続くことができます。