正観さんの本はどれも興味深いものでした。

たくさんの著書を出版されていますが、私は特に「22世紀への伝言」が好きです。

                      

           

最初本のタイトルが間違っているのかと思いました。

普通思いつくのは、次の世代21世紀への伝言だと思います。

ところが正観さんは、次の次の世代への伝言を考えておられたるのです。

          f:id:syosakoi:20150506202623j:plain

この本には、

正観さんの生い立ちから、トラベルライターから精神世界の本出版に至るまでの事や、

正観さんの基本となる物の見方・考え方の経緯が書かれています。

 

【22世紀の伝言】から

「宇宙を支配しているのは、たった一つの法則です。」

それは、「投げかけたものが返ってくる」(投げかけないものは、返ってこない)

というものだそうです。

 

仏教では、「動」と「反動」

物理学では、「作用」「反作用」と呼ばれていますが同じことです。

 

言葉を換えて言えば

「愛すれば愛される」「愛さなければ愛されない」

「感謝すれば感謝される」「感謝しなければ感謝されない」

「嫌えば嫌われる」「嫌わなければ嫌われない」

「憎めば憎まれる」「憎まなければ憎まれない」ということ

         f:id:syosakoi:20150506205542j:plain

毎日の生活においても

「辛い」「悲しい」「苦しい」「悔しい」といい続けていると、まわりはより一層そうなります。

体に不調な場所が増え、故障と痛みが増幅します。

「そんなに生きているのが辛いのなら、早く死んじゃいましょう」と体が勝手に反応して

どんどん悪くなります。

逆に「ラッキー」「しあわせ」と喜び続けていると、どんどん元気になり、幸せになります。

                                   【22世紀の伝言】から

      f:id:syosakoi:20150504100003j:plain

 

日常生活から世界平和にいたるまで、世界中の人が、

この法則「投げかけたものが返ってくる」(投げかけないものは、返ってこない)

を理解すれば、毎日の生活が楽しくなり、戦争もけっしておこることはないように思います。